タグ別アーカイブ: イギリス

渡英録3

どうも、もとしまです 留学のお話最終回です 少し時間ができたので、どうしても行きたかったロンドンのナショナルギャラリーに行ってきました 1824年に設立され、13世紀から1900年までの2300点ほどの作品が展示されている美術館です なんと、入館料は無料なんです 美術館の前では、地面に絵を描いている人々が・・・ これも、お国柄でしょうか?すぐ消せるようになってるみたいです そして、中へと入り、数多くの作品がありましたが、見たかったのが レオナルド・ダ・ビンチの岩窟の聖母 フランスのルーブル美術館とこちらの2点が存在しているそうですが、宗教的な側面よりも、美術作品としての圧倒的な存在感と、表現技法がすごいです 実物は縦約2m、横1.2mほどと巨大で、写真よりも実物はぼんやりと暗い中に人物描写の光りがはっきりとしていて、見入ってしまいました 額縁もさすがに豪華です 続きまして、有名なこの作品 ゴッホのひまわりです 実は、ゴッホがひまわりを題材にした作品は7点が制作され、その内現在6点が確認されていて、日本にも1点あります 美術館の中で、この作品だけ光が照らされているんじゃないかというくらい鮮やかで、ひときわ輝いて存在感があり、実物は写真とはまったく別物というくらい素晴らしい絵でした 画像をアップして見ていただきたいのですが、絵の具がたっぷり力強く塗られていて鮮やかで立体的なんです 日本の国立西洋美術館にもゴッホの絵があるのですが、それも同じく力強く立体的です このナショナルギャラリーでは写真撮影も自由なのですが、作品も間近で見られ、こんな様子も見うけられました 左端に見えるのは上述したゴッホの絵ですが、なんと地面に座って写生している学生?とおぼしき若者達の姿が・・・!? 日本ではお行儀が悪い、というよりしっかり注意されてこのようなことはできないですが、この中から未来の芸術家が生まれるんですかね ちなみに、30人くらいの小学生達が座って添乗員の人に絵の説明をしてもらっている様子も見れました 芸術という分野においては、さまざまな点で絵画もダンスと共通するものがありますからね とても、勉強になり刺激を受けました

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

渡英録2

どうも、もとしまです 先週に引き続きまして、留学のお話 イギリスの食事はあまり美味しくない、とよく耳にするのですが、今回入ったお店はどこも美味しいところばかりでした 舌が合うのでしょうか? ただ、高確率で山盛りポテトがついてくるので、大量のお水が必要になってきます 帰ってからは、ポテトは当分いらないかな、と思ったりしました また、公園には鳩に混じってリスも生息しており、舗装された道を歩いてもリスを目撃することが何度もありました 日本の食が大人気で、各町で日本食店がありました ただ、中華や台湾等のアジア料理と混ざっているお店も見うけられました ロンドン市内にある日本の商品を扱うお店は、大繁盛してレジにも行列ができていました (見えにくいですが、手前にあるのは焼きそばのカップ麺) (パイの実3.35ポンド! ※1ポンド=155円くらい) (カロリーメイト4.8ポンド!) 輸入品は高いですね・・・

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

渡英録

どうも、もとしまです 先週は1週間お休みをいただき、イギリスでダンスの勉強をしてきました 今回はドバイを経由するエミレーツ航空でロンドンのヒースロー空港に向かったのですが、昨年のように荷物が届かないということもなく順調な旅立ちでした 経由地のドバイでは6時間ほど時間があったのですが、着陸間近に外を見ると、ヤリのようにとんでもなく高い建造物が見えました ブルジュ・ハリファです 現在、世界一高い超高層ビルで、高さは828mあるそうです スカイツリーが634mですからね、信じられない高さでした その後見えてきたのは、ブルジュアルアラブです 高級ホテルだそうで、ドバイ空港のお土産屋さんでは、この2つの建造物に関連したものがたくさん売られていました 無事に乗り換えを終え、ロンドンにたどり着きました ロンドンでは、Cheamという地域にある練習場近くのコピンさんという夫婦の自宅兼宿泊施設に泊まっています 部屋の窓からの景色はこんな感じです 出発したときの日本は30℃近くありましたが、ロンドンでは朝晩は10℃以下、日中でも15℃前後と、日本では秋の終わり頃の気温ですっかり紅葉していて、セーターを着ていました ちなみに、Cheamの駅はこんな感じでした 夕暮れ時ですが、夕方6時30分くらいで、日本よりも日は長いです

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ